記事リスト

住宅を長持ちさせる工事

住宅

京都で外壁塗装の業者を選ぶ際には、まず複数の業者から相見積を取って、相場を把握することが大切です。疑問点があれば見積の内容を細かくチェックし、職人や営業マンとじっくり話し合って、信用できる業者かどうかを判断します。

詳しく見る

作業工程を確認

塗装

札幌は雪も降り、意外と紫外線も多い地域なので、家のメンテナンスとして、屋根塗装は必要不可欠です。屋根塗装は足場を組む・養生・下地補修・下地を塗る・3回に分けて塗料を塗る・縁切り・足場の解体という流れで行います。

詳しく見る

足場設置から窓拭きまで

女性

戸田市の外壁塗装会社に塗装の依頼をしますと、最初に近隣住民への挨拶、足場の設置から始めます。実際にペンキを塗る際も、下塗りを行いますので、ムラになったり剥げたりすることを防ぐことができます。仕上げのコーキング処理を行った後は、窓拭きもしてくれますから安心です。

詳しく見る

外壁塗装は大切

家

昨今では地球温暖化により建物は日光の影響を多く受けるようになりました。また、外壁は地震の影響も受けやすいので、しっかりとした外壁塗装を行っておくことが大切です。外壁塗装の需要は高まっています。

詳しく見る

工事の差異

作業員

外壁塗装について検討する人が増えてきています。工事は費用なども業社によって差異があるため、健全な業社を選択する必要があります。中には質のわるい業社も参入しやすいのでリスクもあります。

詳しく見る

外観だけではない塗装

刷毛

外壁塗装は綺麗な外観を手に入れる事だけではなく、遮光や遮熱などの効果を期待することが可能になっています。依頼をする場合には、数多くの業社が存在するので、それらを良く比較検討した上で判断をすることが大切です。

詳しく見る

塗装の歴史

塗装

壁は剥がれたり色が薄くなった場合などに外壁塗装が必要です。外壁塗装の歴史は古く、紀元前からあるとされています。化学製品を使い始めたのは戦後20年ほど経過した頃で、時代が進むごとに塗料の質も上がっていきました。

詳しく見る

塗装は大切

作業員

安い塗装だと8年から10年程度だと言われているので、10年程度で一度外壁塗装をする必要があります。業社などを調べる際にはインターネットなどで口コミや評判を調べてみると参考になります。

詳しく見る

危険を避けるために

作業員

外壁塗装の業社選びにおいて、セールス訪問などは危険があります。事前に知っておけば、業社との説明の時に困ることはないので、情報を知っておくことが大切です。そうすればしっかりとした業社を判断することが出来ます。

詳しく見る

心地よい生活を送る

塗装

多くの家庭で、リフォームを行なっています。リフォームには、外壁塗装や太陽光パネル、蓄電池など、いろいろなリフォームをすることができます。これらのリフォームをする時には、知識や情報を集めて行うことが大切になります。

詳しく見る

目的にあった塗装

刷毛

外壁塗装をすることでいろいろな特徴を持っています。また、耐性もいろいろなるので、目的によって適切な物を選ぶ事ができます。また、紫外線などに強い塗装をすることも可能です。

詳しく見る

住宅を長持ちさせる

男女

塗装業者を選ぶ

住宅を長持ちさせるためには、定期的な外壁塗装の塗り替えが必要になります。外壁や屋根は風雨から住宅を守ってくれているため、一番劣化が激しい部分になります。定期的な外壁塗装の塗り替えを行っておかなければ、風雨が躯体の中にまで入り込んでしまい、躯体自体が劣化してしまう恐れがあります。そうなる前に、適切なタイミングで外壁塗装を塗り替える必要があるのです。外壁塗装を行う場合には、業者の選び方が重要になります。住宅を守るための大切なメンテナンスですので、丁寧な作業をしてもらわなければ意味がありません。また、10年から15年に一度という大きなリフォームですので、費用も百万円を超えるケースがほとんどです。そのため、無駄に価格が高いような業者は避けなければなりません。外壁塗装の業者選びを行う場合には、ハウスメーカーなどの大手業者、リフォーム業者、地元の外壁塗装業者から選ぶことになりますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。業者選びをする人の多くが適正な価格かどうかをポイントにしていますが、業者選びのポイントはそれだけではありません。信頼できる業者かどうか、技術力があるかどうか、日程などの融通がきくかどうかなどのポイントも検討する必要があります。一般的に、大手ハウスメーカーは信頼性が高く、技術力も高い反面、価格が高い傾向にあります。逆に地元の外壁塗装業者の場合には、信頼性という面では大手ハウスメーカーには及びませんが、高い技術力を有していますし、価格もお手頃です。業者選びを行う場合には、多面的な検討が必要になります。