危険を避けるために

作業員

業者選びで失敗しないためには

何十年と住んでいると、外壁塗装を新しく塗り替えたいと思うようになります。 そんな時には、失敗しないためにもある程度の知識を持ってから業者を探すのが安心です。 まず、よくある訪問販売のセールスでの契約は危険です。すべての訪問販売が危ないわけではないですが、外壁塗装をしなければ大変なことになるような言葉をいい、不安にさせて考える時間を与えないまま、すぐに契約に持ち込みます。 そして、しっかりとした調査もなく、早々に見積書を作成する業者も注意が必要です。一刻も早く契約してしまおうという魂胆が見え見えです。丁寧な説明もない場合はきちんと修繕してくれる意思が感じられず信頼できません。 そのため、問題点の説明や、外壁塗装だけでいいのか、修繕工事も必要かなどの細かい点までしっかりと調査し、診断してくれる業者に頼むのが安心です。

特徴を知ってしっかり話し合う

外壁塗装の塗料にも種類があります。事前に知っておけば業者の説明の時に、塗料の説明を受けても困ることがありません。 最近の外壁の塗り替えで多く使われているのが、アクリルシリコン塗料です。紫外線のダメージによる劣化が少なく、耐久性も高く、他の耐久性が高い塗料より価格が低めなのが特徴です。 シリコン塗料は、シリコン樹脂の作用により、雨や太陽の光などによるダメージから長期的に守り、カビや藻の発生も防ぐ効果があります。 アクリル塗料は、屋根や外壁の塗装によく使われています。耐久性や汚れを防ぐ効果は低いのですが、価格が安いのが特徴です。 フッ素塗料は、耐久性も汚れを防ぐ効果も高いのですが、価格が高いのが特徴です。 このように、塗料によってさまざな特徴があるため、予算的にもどこにどの塗料を使うかよく話し合った上で決めるのが大切です。