工事の差異

作業員

差異のある外構工事

リフォーム工事は、受注金額が500万円未満の場合は、建築一式工事以外の工事に区分されますので、職人かたぎの技術力のある小資本の工事会社が参入しやすい一方で、質の悪い業者も参入しやすいというリスクがあります。そういった中で、外観で劣化が目に付きやすい外壁塗装について検討する人が増えてきています。これは、自宅を建てて、数年が経過した家が多いのですが、一般的に新築後、10年経過した家の外壁に経年劣化による損傷が目立つ傾向にあります。しかし、適切な業者に調査、診断してもらい、適切な外壁塗装を施さないと、長期間の健全性保持ができなくなる可能性があります。また、工事費用も、業者によって差異がありますので、健全な業者を選択する必要があります。

事前の見積内容確認

外壁塗装も、単に再度塗り直すといったものではなく、新たな機能を要望する方もいます。たとえば、暑い夏期に対し、遮熱塗料を使用した外壁塗装を施すことで、暑さを和らげる効果が期待できます。また、外壁の痛みを解消するとともに、全体を暖色系に塗り替えたりといった新たな機能を要求される方もいます。このような多様な要望を受け入れたうえで、長期耐久性に優れた外壁塗装を行うには、下地処理を徹底することが不可欠です。これは、下塗プライマーの2度塗りに加え、上塗りをシリコン樹脂といった塗装を挙げることができます。このような安全・安心した外壁塗装を施工してもらうには、事前の見積により、内容を確認したうえでの説明責任を果たしてくれる健全な塗装業者が望まれます。これには、県知事、および国土交通大臣認可の塗装工事業の許可を得ている業者といった選定基準もあります。このような選定を踏まえることで、安心・安全な外壁塗装につながることになります。