塗装は大切

作業員

知っておくとよい情報

住宅は長年使用すると外壁塗装のやり直しが必要となります。特に建売住宅はできるだけ原材料を安くして販売することから、外壁塗装も最低限の価格でできる物しか使っていない可能性が高いのです。安い塗装だとその寿命は8年から10年程度と言われています。 そうだとすれば、新築住宅を購入した場合も10年程度で一度外壁塗装をスR必要があるということです。 外壁塗装はその塗装をする時期によって若干状態が違います。夏場は食者日光が直撃することから、塗装が伸びにくくなりその分塗装が厚くなります。これはある意味耐久力が増すということですが、業者によっては夏場の料金を少し高めに設定しているところもあります。冬は逆で伸びやすく塗装が薄くなる傾向があります。

工夫することで得られるメリット

季節によって違いがあるわけですが、それ以上に違いがあるのは、その業者の腕前です。業者の腕前は良いに越したことはありませんが、どうしても価格が高くなってしまうという問題があります。 これに対して腕の悪い業者は塗りが甘く、隙間ができてしまうため耐熱性や遮音性に問題が出てきてしまいます。このように職人によっても差があるわけですが、元を正せばたとえ職人の技術がそれほど優れていなくてもそこに監督者はいるわけですので、監督者の管理次第つまり会社の質にも結び付くわけです。 会社の質を客観的に見たい場合は、近所の色端会議などでもその話題が出るかもしれませんが、不特定多数の意見を聞く場合にはインターネットなどで口コミや評判を調べてみてもいいでしょう。